プロフィール

ジャッカルD

Author:ジャッカルD
WOLF RPGエディター(通称:ウディタ)でゲーム制作をするウディタリアンです。マイペースにのんびりと制作をしています。メンタルが弱いので時々鬱っぽくなるのはご愛嬌。

ここでは制作の事とかリアルの事とかを思うままに書いていきたいと思います。月末1回の更新ができたらいいなと思ってます。

下のカテゴリの「作品」から、作品をDL出来るURLの貼ってある記事にジャンプ出来ます。

ツイッターもやってます。制作の事とか日常の事とか呟いたりしています。

TwitterID↓
@Wodi_Jack

ふりーむ!↓
https://www.freem.ne.jp/brand/6284

BOOTH↓
https://jackald.booth.pm/

Pixiv↓
https://www.pixiv.net/member.php?id=7638142/


カテゴリ


最新記事


訪問者数


最新コメント


メールフォーム

質問、連絡等ありましたらこちらのメールフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

第12.5回うでぃおふレポ

第12.5回大阪うでぃおふ に参加してきました!
そして恒例となる、お葬式記憶力でのオフレポを書きましたので、よかったら見てやって下さい。
「うでぃおふって何?」という方はこちらの公式ページを御覧ください。

それでは、しばしお付き合いを。



■事前交流会
いつもうでぃおふ当日の一週間ほど前に事前交流会と称してdiscord(以前はSkypeでしたがこちらに移行しました)上でのオンライン交流会を行っております。そこで当日の注意事項や、参加希望者の方と交流したりします。
今回は昨今の事情があり、従来からのうでぃおふとの変更点と、各種対策について説明がありました。

・今回は13回ではなく、12.5回として開催。
・そのため、従来のプログラム(アイスブレイクやライトニングトークなど)はすべて中止。その代わり、一日目の朝から完全フリータイム。
・会場にある共用品の使用は禁止。
・換気を十分に行うため、窓の開放と空調設備の使用。それに伴い、マイクやスピーカーなどの音響機器は使用不可。これにより、前回から行っていたYouTube生配信はなし。

上記の事に配慮しての開催となりました。
リスク低減に配慮した内容にして頂き、うでぃおふ運営の皆様、ありがとうございました。

■一日目
開場時間の朝10時に着こうと思ったら6時前に家を出なければならないというハードモードでしたが、気合で起きて時間通りの電車に乗って会場入りしました。
会場に到着すると、主催者のふつかさんとmemesoさんが先に到着していました。
何やら映写機と格闘している様子で、話を伺うと、ミニスーファミをスクリーン投影しようとしているのですが、うまく動作しないとの事。色々と調べた結果、ハード相性が悪いようなのでミニスーファミは断念する事に……。
いつもはミニスーファミのゲームで参加者の皆さんとわちゃわちゃ楽しんでいるのですが、残念です。

その後、しばらくするとStrayひろまさんが合流。
Strayひろまさんもミニスーファミを持ってきたのですが、やはり映写機にうまく映せず……。無念……。

しばらく四人であれこれお話していると、おぬ原晃さん登場。
おぬ原晃さんはdiscordやツイッター上ではよくお話をするのですが、今回がうでぃおふ初参加で、実際にお会いするのは初めてです。代表作としてウディコンに参加した『箱の中のバーディ』などがあり、漫画家としても活動している方です。
リアルでは初対面ですので、まずは名刺交換から。自分はいつも通りの娘達盛りの名刺をお渡ししました。おぬ原晃さんはウディタリアン用名刺が間に合わなかったので、過去に作成した名刺を頂きました。
そしてなんと頂いた名刺は、レモン汁をかけると色が変わるというサイエンスティックな名刺なのです!リトマス試験紙かな?

一通り自己紹介した後、おぬ原晃さんが「ジャッキーちゃんのアクリルキーホルダー買いました~」との告白が。ありがとうございます!これでジャッカルの懐が微かに暖まりました!
ちなみにその後、自分の懐に入る金額を見てみたら一同が凍りつくような端金という事実……。やっぱり仲介手数料でほとんど取られるよね……()

そうこうお話している内にRttさんが合流。最近、『ウディタのQRコード生成コモン』を作成したウディタの技術担当さん。実際にお会いするのは結構久々な記憶。

そんな感じでぼちぼち人数が集まってきたので、ボードゲームをする流れに。
まず最初は毎度恒例(?)『テストプレイなんてしてないよ』。
相変わらずのテストプレイしていないクソゲーです。僕達は何回このゲームのテストプレイをしているのでしょうか……()

続いてはRttさんが持ってきた『 ソクラテスラ』。
様々な偉人の右腕・胴体・左腕を合成させた"キメラティック偉人"を生み出してバトルする、一発ネタ性能の高いゲームです。名前や経歴も合成されるので、滅茶苦茶な名前や経歴を生み出され続けて終始笑いが続きました。
最終結果はRttさんが殿堂入り偉人を二人生み出して勝利しました。
ちなみに名前において最強だったキメラティック偉人はこちら。これはひどい↓

続いては『ポイズン』。
……このゲームを出す度に「言いたい事も言えないこんな世の中じゃ~」と某POISONが出てくるのはお約束。
メンバーは全員初めてのプレイなので自分のインストから初めてやってみましたが、やっぱりこのゲームは楽しい。イラストの関係で一見ほのぼのした感じに見えますが、実際は13・13・13の毒入り鍋を作って無理矢理次の人に飲ませるという、地獄のようなゲームだったりします。
結果、毒を大量に飲んでしまったおぬ原晃さんの敗北に。一色を集めようとすると、大量の毒を貰ってしまうのはこのゲームをお約束……。
ちなみにこのゲーム、カードの数字が足して13になりやすい数字のみで構成されています。その辺りのゲームデザインは凄いなぁ……といつも感心させられます。
その後、ポイズンのパッケージ絵のイラストレーターの話から色々発展して、たくさんお話をしました。

そうこうしている間にお昼の時間に。
昼食は外で食べる事になりましたが、途中で合流する人がいるかもしれないので、3人3人で別れて昼食を摂る事に。
最初にふつかさんとStrayひろまさんとmemesoさんが昼食に向かいました。
前半の3人の帰りを待っている間にポルゼンヌ小林さんとあたりメさんと、初参加のPinkyさんが合流しました。
挨拶をしていると前半組が戻ってきたので、おぬ原晃さんとRttさんと昼食に。近くのうどん屋さんで短時間で済ませました。
昼食を済ませて会場に戻ったら、tohさんが到着しておりました。しかし、当日の朝に突発で参加を決めて、よく来たなぁ……。

いよいよ参加者が全員揃ったので、軽くではありますが自己紹介タイム。
ただ、自分は特に何も考えていなかったので、クッソグダグダな自己紹介に。いや、自己紹介のテンプレぐらいは考えておけよ。

その後は自分達が昼食に行っている間にやっていた、参加者の作品をプレイする流れに。
最初はあたりメさんの制作中の作品をプレイする事に。相変わらず綺麗で可愛らしいイラストと、手の込んだシステムで、クオリティの高い内容となっていました。
続いて、ポルゼンヌ小林さんの過去作をプレイ。相変わらずネタに突き抜けた作品で笑いが止まりませんでした。

その後は色々な方の作品の紹介を兼ねて作者の解説を行っていきました。
Strayひろまさんによる解説でコモンイベントやデータベースの設計について色々と学べました。
次におぬ原晃さんが制作中の作品を解説。かなり面白いシステムが導入されており、公開が待ち遠しいです。
その次には自分が『うぃっちーずりばーし!』を解説。とはいえ、前者二人と比べて特に特徴的なシステム等もないので、さらっと解説。
その後にポルゼンヌ小林さんが「誰か一緒にやろうぜ!」と言い出し、memesoさんが『うぃっちーずりばーし!』で対戦。ポルゼンヌ小林さんがラッカ、memesoはエレスで対戦。結果、ポルゼンヌ小林の勝利。観戦していましたが、かなりの腕前で驚きました。
続いておぬ原晃さんがポルゼンヌ小林さんと対戦。ポルゼンヌ小林さんは引き続きラッカ、おぬ原晃さんはフレイミで対戦しました。結果、接戦の末にポルゼンヌ小林さんが勝利しました。流石、おじいちゃん仕込みの腕前!

一通り遊び終わった後は、再びボドゲをする流れに。
ここぞとばかりに『ゴリラ人狼』をプレイ。
ゴリラ人狼は人狼ベースの作品ですが、村人は全員ゴリラであり、人狼は密猟者となります。そしてゴリラなので、話せる言葉は「ウホッ」のみ。ジェスチャーも「指差し」「首振り」「ドラミング(胸叩き)」のみという、完全にゴリラになりきってのプレイとなります。ただし、吊られた際に3文字の言葉を2つ、遺言として残せて、翌日以降にその言葉を使用可能になるというルールです。
いざ試しにやってみると……これ酷いな(褒め言葉)
傍から見ると謎のゴリラ集団と化しており、もはや人狼とは何だったのだろうかという状態になりました。

ゲームやった後はみんなで机を囲んでおしゃべり。今回は参加人数が少ないので、こういった事が出来るのが新鮮に感じました。
運営曰く、「うでぃおふを初めた当初を思い出す」との事。

そんな感じで一次会は終了。
tohさんとPinkyさんはここでお別れ。
初参加のPinkyさんとは結局あまり話せていなかったなぁ……と、ちょっと反省。LTもなかったので、なかなかアピールしにくかったからかもしれません。
逆におぬ原晃さんは「この人本当に初参加なの?」と思えるくらい馴染んでいました。ネット上の付き合いが長いのもあると思いますが、それでも馴染むのが早すぎでしょう……。

そして夕食を調達して二次会へ。夕食は近くのコンビニで調達してきました。
二次会なので、お酒で乾杯をして参加者一同がお喋りに興じました。

……ですがこの時、おぬ原晃さんと一緒に夕食を食べていたのですが、お酒の酔が回ったせいか、頭にナニカサレタ状態になり、永遠とフロムゲー(特にAC)について語るというキチガイムーブをキメてしまいました。
気が付けば、およそ3時間ほど語り続けるという、まるで信者のような行動をしていました。
今度からは自重しような!ドミナントとの約束だ!(戒め)

そんな感じで一日目が終了。
ふつかさんとおぬ原晃さんと一緒に宿へ。
宿に着いたら三人で軽くお話をして、疲れに身を任せて寝ました。

■二日目
朝はコンビニで朝食を調達。朝食を食べた後はおぬ原晃さんが制作中の作品について、色々とお話をしました。

二日目の午前中はおぬ原晃さん、Rttさん、Strayひろまさんとウディタの中身についてのお話。
今回のうでぃおふでは珍しく他人のウディタの中身を見て制作に関するお話をする場面が多く、ある意味ちゃんとうでぃおふしている感じでした。

あれこれとお話している間に昼食の時間に。
昼食はまたしてもコンビニで調達。

午後は参加者の過去作品をプレイ。
「他人の過去作品をプレイして黒歴を晒そう!」というノリで始まったのですが、思いの外、全員過去作品のクオリティが高く、「あれ?これじゃあ黒歴史でダメージ与えられないじゃない」といった感じになり、後半は普通にゲームを楽しんでいました。
……いや、というかみんな何で過去作品のクオリティそんなに高いの?みんな天才なの?

その後はふつかさんの大好きな『ワード人狼』。
自分は途中から参加しましたが、最終的には全員参加という形になりました。
自分は『ワード人狼』は苦手ですが、盛大に地雷を踏んでも運で勝利したりして、結構楽しくプレイできました。

そんな感じで楽しい時間も過ぎていき、うでぃおふ終了。
ポルゼンヌ小林さんの発案で二次会にボドゲカフェに行く流れになりましたが、自分は電車の時間もあったのでお別れ。ボドゲカフェ行きたかったなぁぁああああああ!!!!!!!!!
途中までふつかさんとおぬ原晃さんと一緒になり、お喋りをしながら帰りました。
特におぬ原晃さんとは電車の中でも創作の事など、様々なお話をしました。
……なんだか今回はおぬ原晃さんと話してばっかりな気がする()

そんな感じで楽しい時間も過ぎていき、無事に第12.5回うでぃおふは終了しました。

■感想
今回も楽しませて頂きました。
昨今の事情もあり、少人数での開催でしたが、自分はかなり気楽に色んな人とお話したり遊んだり出来て、とても楽しかったです。

次回の東京うでぃおふも参加予定ですので、よろしくお願いします。今度は夏~秋頃に開催予定との事。



スポンサーサイト



Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top